集団的な衝突・スタック回避を実現する群制御プラットフォームの開発

VISION

シミュレーション&デジタルツインで、ヒトやモノの移動をより安全に魅力的に

都市への人口集中により、交通システムはキャパシティーをオーバーし、慢性的な渋滞や混雑が続いています。 高齢化と地方の過疎化が進み、肉体的な衰えや公共交通の破たんにより移動の自由が困難な状態になっています。 少子化による労働力減少やECの増加による配送数の増加は、輸送システムのキャパを超えつつあります。
弊社は、上記課題の解決のため、あらゆるヒトやモノの位置情報を活用した群制御技術を通じ、 事故の無い安全な、高効率の移動・輸送システムの実現をステップ・バイ・ステップで目指します。


経営理念

技術で未来を拓く。パートナーとともに、顧客とともに

当社は、技術を核にした会社です。しかし、技術だけあっても、それだけでは世の中の役に立ちません。
世に広めるためには、技術の可能性を理解し、リスクをとって、一緒に未来を拓いてくれるパートナー (営業、マーケティング、財務、人事などの専門家)と協力して事業を進めます。
また同様に、可能性を理解し、同じくリスクをとってくれるお客様を頭に思い描いて仕事をすすめます。


会社概要

商号:クラスターダイナミクス株式会社 (Cluster Dynamics Inc.)
設立:2017年10月
代表:代表取締役 高岡秀年
本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 bizcube7F


代表取締役 略歴

氏名:高岡秀年 (Hidetoshi TAKAOKA)

名古屋大学大学院にて粒子法による衝突解析ソフトを開発。 1996年三菱重工業(株)に入社。 名古屋航空宇宙システム製作所にて防衛省向け航空機の開発計画や構造設計を担当。 複合材部品の設計・製造プロセス開発に従事。2008年CAE業界に転職。 構造最適化ソフトやマルチフィジックス解析ソフトを担当し、自動車・重工・精密機器の分野で 最適設計コンサルティングに従事。 その後、2014年にエレメンタルデザイン&コンサルティング株式会社を設立し代表取締役に就任。 2017年に移動体の群制御に関する特許を取得して名古屋大学と共同研究を開始するとともに、 事業化に向けてクラスターダイナミクス株式会社を設立し、代表取締役に就任。 現在に至る。


INFORMATION

2017-10-05
クラスターダイナミクス株式会社(Cluster Dynamics Inc.)を設立

ページのトップへ戻る